使用感が全く違う!妊娠線にはクリームとオイルのどちらが良い?

更新日:

妊娠線にはクリームとオイルのどっちが効果的?使用感などの違いは?

妊娠線を予防するケアを行うに当たり、クリームとオイルのどっちが良いのか疑問を抱えている妊婦さんは少なくありません。

どちらも肌を保湿できる点では一緒で、正しい塗り方で妊娠線が形成されないように促してくれます。

  • お腹やヒップの保湿を怠っていると肌が乾燥する
  • 乾燥した肌は弾力性が弱くなりやすい特徴がある
  • 妊娠で赤ちゃんが成長してだんだんとお腹が大きくなる
  • 皮膚の伸びに耐え切れずに妊娠線が形成される

上記のようなメカニズムでヒビ割れが発生しやすく、クリームとオイルのどちらかが正解というわけではないのです。

しかし、使用感には大きな違いがあり、どっちが自分の肌質に良いのか迷っている方は以下を参考にしてみてください。

保湿効果と浸透性ではオイルの方が効果的

オイルはその名の通り油分のことを指し、肌の水分を外部へと逃さないように施してくれます。

見た目でも分かる通りしっかりと潤いを保つことができるので、妊娠線の予防として適したグッズなのです。

具体的にどんなオイルを使ってマッサージをすれば良いのかいくつか挙げてみました。

  • WELEDA(ヴェレダ)のマザーズボディオイル:オーガニックにこだわっていて合成成分や鉱物油を使っていない
  • エルバビーバのストレッチマークオイル:肌を整えるニンジンの種子オイルやビタミンCの多いローズヒップオイルを含む
  • バイオイル:傷跡を目立たなくするケア用品として有名で、塗布した後にサラサラとするのが特徴
  • オーガニックホホバオイル:ビタミンEが多いので酸化しにくく、外側から皮膚を保護する作用を持つ
  • ココナッツオイル:天然素材なので妊婦さんでも安心で、肥満の予防や冷え性の改善としても適している

配合されている成分に関してはメーカーや商品によって異なるものの、保湿効果に加えて浸透性も高いのがメリットです。

肌へと塗布して真皮の奥まで浸透しやすく、しっとりと馴染んで潤いを与えてくれます。

妊娠線予防や妊娠線ケアにおいて保湿を最優先に考えなければならず、「満遍なく塗布する」「マッサージを加える」といった塗り方をしていれば肌トラブルを防げるでしょう。

使用感で比べるとクリームの方が上

使用感で比べてみると、オイルよりもクリームの方が上です。

オイルで妊娠線の予防をするに当たり、どんなデメリットがあるのかまとめてみました。

  • 塗った後にベタベタとしやすいので夜のお風呂後の使用であればまだしも、朝の外出前には使いづらい
  • オイルがダラダラと垂れやすく、衣服や肌着を着用した際に張り付いてしまう
  • 製品によっては独特の香りがあり、つわりで悩む妊婦さんには少々キツいことがある

一方でクリームは肌への馴染みが良く、ベタつきにくいという違いがあります。

それに、クリームタイプの化粧品の成分としてオイルは含まれていますし、妊娠線予防のために作られているのであれば保湿効果はバッチリです。

  • オイル:肌に存在する水分を逃さないだけで水分量を高める働きはない
  • クリーム:水分と油分の両方が入っているので肌の水分補給にも繋がる

このような違いがあり、「どっちを使っているの?」と妊婦さんに質問してクリームと回答する女性が増えています。

妊娠線の予防ケア用品でも最もメジャーですし、毎日塗布してマッサージをしなければならないからこそ使用感の良さを重視した方が良いでしょう。

唯一のデメリットを挙げるとすれば、クリームの方がインターネット通販で出回る商品の数が多くて何を使えば良いのか迷ってしまう点です。

そこで、当サイトでは妊娠中のママから最も人気を得ているベルタマザークリームをおすすめしています。

  • ヒアルロン酸やプラセンタなど肌を保湿する美容成分が多い
  • 妊娠中でも安心のオーガニック原料を使っている
  • パラベンや着色料といった添加物を使わない無添加のクリーム
  • 医薬品製造と同レベルのGMP認定工場で徹底された管理体制で作られている

上記のような特徴があり、日々のケアで妊娠線を予防できるかどうかが決まるので一度ベルタマザークリームを試してみてください。

妊娠線の予防にクリームとオイルの併用は効果的?正しい順番は?

絶対に妊娠線を予防したいと考えている妊婦さんは、クリームとオイルの併用が適しています。

2種類のグッズを使う形となるのでコストは高くなりますが、単体で使うよりも保湿効果をアップさせられるのです。

  • オイルは浸透力が高くて抜群の保湿力を持っている
  • クリームでオイルのデメリットである湿り気を補充する

併用によって両方の良さを取り入れたスキンケアを施すことができ、実際に試している妊婦さんは少なくありません。

使用する順番は「オイル」⇒「クリーム」が正しく、どちらを塗布する場合も念入りにマッサージを行って有効成分を浸透させてあげましょう。

しかし、毎日のようにオイルとクリームの両方を使用するのは大変ですし、面倒で挫折してしまっては意味がないので、「基本的にはクリームを使って油分が足りない時だけオイルで補う」といった方法で併用してみてください。

-コラム

Copyright© 妊娠線ケアクリーム.コム , 2017 AllRights Reserved.