妊娠線を予防するためにクリームでのケアとあわせて行っておきたいこと

更新日:

クリームの使用とあわせて行いたい妊娠線の予防法をチェック!

妊娠線を予防するに当たって乾燥を防いで保湿をしなければならず、ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分が含まれたクリームの使用は効果的です。

しかし、あくまでも化粧品なので医薬品ではなく、スキンケアで100%予防できるわけではありません。

そこで、以下ではクリームの使用と合わせて行いたい妊娠線の予防法をピックアップしていますので、美肌を維持するためにも一度実践してみてください。

体重が増えすぎないようにコントロールする

妊娠すると赤ちゃんをお腹の中に宿すことになるので、普段よりも体重が増えるのは当然です。

だからといって乱れた食生活を送って体重の増減が大きくなると、妊娠線ができる確率が高まります。

  1. 表皮は伸びやすい代わりに真皮には柔軟性がないのでお腹が大きくなると妊娠線ができやすい
  2. 急激に体重が増えすぎている女性は皮下組織中の皮下脂肪の量が増える
  3. 皮下組織の厚みが加わって更に断裂が引き起こされやすくなる
  4. 1本の正中線だけではなくミミズ腫れのように凹んだ感じで生じる

このようなメカニズムになっており、健康維持のためにも体重が増えすぎないようにコントロールしなければなりません。

近年では産婦人科といった病院でも、適切に体重が増えていくように厳しく指導されることが多くなりました。

極端なダイエットを行って体重制限をすると赤ちゃんの成長を妨げる形となるので危険ですが、医師や看護師に指示された適正体重を守るのが大事なのです。

具体的にどんな対策を行えば良いのか見ていきましょう。

  • 食事が偏らないように穀類や野菜、魚類や豆類など栄養素のバランスに気を配ったレシピを考える
  • 塩分過多の状態に陥らないように妊娠中は特に薄味のメニューを心掛ける
  • 気分転換のためにも自分のできる範囲でウォーキングなどの有酸素運動で身体を動かす
  • 精神的なストレスによる食欲増加を防ぐために、趣味へと取り組んで意識して発散する

間違った体重管理で太り過ぎていると妊娠線ができやすいだけではなく、心機能や循環機能が低下して赤ちゃんの成長が阻害されたり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)をリスクが高まったりするので注意してください。

気温の高い夏場でも季節に関わらず入浴する

女性はお風呂が好きというイメージがありますが、「忙しい」「面倒臭い」といった理由で、湯船に浸からずにシャワーだけで済ませる方は増えました。

しかし、妊娠線の予防として入浴は適しており、気温の高い夏場でもシャワーだけで済ませない方が良いのです。

  1. 毎日入浴してゆっくりと身体を温めることで肌の新陳代謝が良くなる
  2. 皮膚の組織自体が柔らかくなって内部で断裂が引き起こされにくくなる
  3. 血流改善作用によって冷え性やむくみなど妊娠中に悩まされやすい症状を改善できる

上記のような効果があり、ただ湯船に浸かるだけなので難しい対策方法ではありません。

自分の好きな香りの入浴剤や精油を入れればリラックス効果がアップし、マタニティブルーの解消にも繋がります。

また、身体を洗う時も手であればお腹やお尻をマッサージしたり、スポンジであればクルクルと優しく撫でたりすればお風呂の中で簡単に妊娠線の予防が可能です。

お風呂に入った後の仕上げに妊娠線クリームを使おう

お風呂に入った後の仕上げにクリームを使用すれば、妊娠線の予防や対策として完璧です。

どれか一つにこだわって続けるのではなく、様々な方法で取り組むことで出産後も美肌を維持できるようになります。

「種類が多すぎてどの妊娠線クリームを使えば良いのか分からない」と悩んでいる女性は、妊娠中のママから高い評判を得ているベルタマザークリームを使ってみましょう。

  • 多種多様な化粧品や健康食品を取り扱うBELTAから販売されている
  • 潤いが続く美容成分やオーガニック原料が数多く含まれている
  • 定期便に加入すれば初回に限り500円とコストパフォーマンスが良い

ベルタマザークリームにはこれらの特徴があり、妊娠線を予防するために作られていますので、ぜひ一度試してみてください。

-コラム

Copyright© 妊娠線ケアクリーム.コム , 2017 AllRights Reserved.