妊娠線クリームを使い始める時期は?いつからいつまで使うのが正解?

更新日:

妊娠線クリームを使う時期はいつからが良い?

一度お腹やお尻に形成された妊娠線を消すに当たり、クリームやオイルなどの化粧品で対処するのは難しいので以下の方法を取らなければなりません。

  • 患部にレーザーを照射して真皮や皮下組織の再生を図る手術
  • 亀裂の部分を切開して縫合して線状の傷に変える瘢痕修正術
  • 専用の針が付いたローラーを転がして肌の自然治癒力を促すダーマローラー

美容皮膚科や美容クリニックで施術を受けなければならず、お腹が大きくなる前から妊娠線ができないような予防ケアが必須です。

  • 妊娠線クリームを塗る時期は決まっているの?
  • いつから妊娠線を予防するケアを行えば良いの?

こういった疑問を抱えている女性は多く、正解不正解は特にありません。

しかし、できる限り妊娠線を予防したいのであれば、妊娠して4ヶ月~5ヶ月程度のお腹が膨らむ前からクリームでマッサージをするのが適しています。

妊娠線で悩む女性に話を伺ってみると、臨月の時期か臨月の直前に発見した方が8割を超えていました。

妊娠後期のふとした時期に発覚するケースが多く、間に合わせるためには早めに対策を始めるべきです。

  1. 20代~30代の肌は一般的に28日サイクルで細胞が生まれ変わっている
  2. 肌のターンオーバーによって古い細胞と新しい細胞が入れ替わる
  3. 妊娠した女性が伸縮性のある肌をキープするには時間がかかる
  4. 妊娠線クリームを使っても直前の対策では間に合わない

上記のような特徴があり、「いつから予防するの?」という疑問に対して妊娠後期の数ヵ月前の4ヶ月~5ヶ月程度が良いのはお分かり頂けるでしょう。

妊娠初期は女性ホルモンの影響によって体質や肌質が変化し、普段よりも肌荒れが引き起こされやすくなります。

しかし、妊娠5ヶ月目の安定期に突入すればだんだんと落ち着いてくるので、意識してクリームを使って予防ケアを始めてみてください。

ベルタマザークリームであれば香料や防腐剤などの添加物が含まれておらず、アレルギー症状は引き起こされにくくなっています。

妊娠線で悩む妊婦さんのために開発されているので、お腹の膨らみが目立たない時期からベルタマザークリームを使いましょう。

妊娠線クリームはいつまで使うのが正解なの?

妊娠線の予防ケアを始める時期だけではなく、いつまで使うのが正解なのか疑問を抱えている女性は少なくありません。

確かに、前もって準備をしていたのにも関わらず、予防ケアをやめる時期を間違えて妊娠線が形成されてしまったとしたら大きなショックを受けるはずです。

いつまで塗り続けるのか色々と意見が出ていますが、出産が終わってお腹が小さくなった段階ではなく産後も小まめに続けた方が良いでしょう。

  • 妊娠中に形成された妊娠線は直ぐに肌の表面に出てこないことがある
  • 出産を終えてお腹がしぼむのと同時に目立つケースも多い
  • 最高潮に膨れたお腹はしぼむことで大きなダメージが加わる

このような理由が考えられ、妊娠線クリームを使ったスキンケアは産後1ヵ月程度までが一つの目安です。

しっかりとクリームやオイルを使ってマッサージを行い、肌の保湿を心掛けていれば妊娠線だけではなくたるみも予防できます。

1ヶ月間が経過すればお腹付近の皮膚も元の状態に戻り、負担も減るのでケアを終了しても問題はありません。

とは言え、産後は以下の理由でバストがしぼんだりたるんだりしやすくなります。

  • 女性ホルモンの分泌量が通常に戻って胸が元の大きさになり、皮膚が伸びきったままの状態となってたるむ
  • 授乳によって赤ちゃんに乳首を引っ張られる状態が続く
  • バストを形作っているクーパー靭帯が伸びたり切れたりする

妊娠線以外の肌トラブルのリスクもあるため、お腹だけではなくバストもクリームを使ってマッサージを行って垂れを予防してみてください。

-コラム

Copyright© 妊娠線ケアクリーム.コム , 2017 AllRights Reserved.