セレブ愛用ストレッチクリームなど海外で人気の妊娠線クリームとは?

更新日:

海外で販売されている妊娠線クリームは日本のものと比べてどうなの?

妊娠線で悩まされているのは日本人だけではなく、海外に住む外国人も一緒です。

体質や肌質は違えど数多くの妊婦さんに引き起こされる症状が妊娠線で、海外でもクリームやオイルは販売されています。

海外では妊娠線クリームではなくストレッチクリームとして販売されており、現在では個人輸入で簡単に入手できるようになりました。

個人輸入とは一体何なのか見ていきましょう。

  • 外国の製品を個人が使用する目的で輸入すること
  • 個人で海外のサイトから購入するのは難しく、メーカーや小売店を通して入手できる
  • Amazonや楽天市場で購入するような感覚で入手できる

日本のドラッグストアや薬局で取り扱っていない化粧品や医薬品も、ネット通販のような形で購入できます。

しかも、医師の処方箋は必要なく、初診料や処方料を支払う必要がないからこそコスパが良いのです。

海外の代表的な妊娠線クリームは?

以下では海外の代表的な妊娠線クリームをいくつかピックアップしています。

有名人やセレブも実際に愛用しているクリームもありますので、日本の製品とどんな違いがあるのかチェックしておきましょう。

  • Bio-Oil(バイオオイル):日本のバイオイルとは異なるが、悪質な類似品ではなく優れた保湿効果を発揮する
  • シルダーム:創傷治癒の特性を持つダルトシドとコラーゲンの修復を促すレジストリルを含む
  • プレグナンシーボディオイル:助産婦と共同開発によって作られ、100%ナチュラルの成分で作られているので安全性が高い
  • ビューティフルマタニティケアセット:妊娠線をケアする「トニック」「ローション」「クリーム」が入っている
  • スネイルクリーム:細胞再生作用を持つアラントインや肌の弾力に欠かせないコラーゲンを含む
  • メデルマ:抗酸化作用や抗炎症作用を持つセパリンを含み、ニキビ跡やストレッチマーク(妊娠線)に有効
  • インテンシブストレッチマークセラピー:深い皺や筋状痕をスムーズにして、古い妊娠線も新しい妊娠線もケアできる

上記のように様々な製品が登場しており、JISAやオオサカ堂といった個人輸入代行業者が人気です。

妊娠線をケアする以外のスキンケア用品も数多く取り扱っているので、自分の目的に合う化粧品があるのかどうか探してみてはいかがでしょうか。

海外の製品よりも国産の妊娠線クリームの方が良い理由は?

海外には良い化粧品がたくさんありますし、肌が綺麗なセレブ達が愛用していることで「自分もあんな風になりたい!」と使う女性はいます。

「海外で人気を得る」⇒「日本でも徐々に浸透する」という化粧品は多いものの、できる限り国産の妊娠線クリームを使ってケアすべきです。

なぜ外国産よりも日本産の方が良いのか理由をまとめてみました。

  • 海外の妊娠線クリームは日本の女性の肌質を考慮して作られていない
  • 妊娠中の女性には刺激が強い成分が含まれていることもある
  • 商品を購入するに当たって全ての個人輸入代行業者が信用できるとは限らない

安全性という観点では国産の妊娠線クリームの方が圧倒的に上で、妊娠中は女性ホルモンの影響で肌がデリケートな状態になりやすいからこそ使用する化粧品の種類には細心の注意を払わなければなりません。

それに、化粧品と思って購入してみたら、実は塗り薬だったということもあります。

妊娠線を予防するどころか、逆に肌トラブルが引き起こされてしまっては全く意味がないので、国内メーカーの販売するベルタマザークリームがおすすめです。

日本人の肌質を考慮して作られていますし、徹底された品質管理の下で製造されているのでベルタマザークリームを使ってスキンケアを始めてみてください。

-コラム

Copyright© 妊娠線ケアクリーム.コム , 2017 AllRights Reserved.