無添加&オーガニック!余計な添加物を含まない妊娠線クリームとは?

更新日:

無添加やオーガニックの妊娠線クリームがおすすめ!

妊娠線クリームを使うに当たり、無添加やオーガニックの製品がおすすめです。

  • 無添加:健康や美容にあまり良くない防腐剤などが入っていない
  • オーガニック:化学農薬を使わずに自然の植物で構成されている

上記のように定義されており、妊娠線クリームに限らず化粧品を選ぶ目安の一つとなります。

なぜ無添加やオーガニックの妊娠線クリームを使った方が良いのか理由を見ていきましょう。

余計な添加物が使われていない

自然の植物エキスや美容成分だけを使って作られているので、余計な添加物が入っていないというメリットがあります。

以下では化粧品の中に入っていることの多い代表的な添加物をいくつか挙げてみました。

  • 微生物の侵入や繁殖を防いで化粧品が腐敗しないようにする防腐剤
  • 防腐剤の一種で同じように腐敗を防ぐために配合されているパラベン
  • 食品や医薬品、化粧品に色を付けて見た目のイメージを良くする着色料
  • 化粧品にフレグランスを付けて香りを良くして使いやすくする香料
  • 石炭や石油など地下資源由来の炭化水素化合物を指す鉱物油
  • 揮発性があり、使用感を良くするために加えられるエタノール
  • 水と油を混ぜ合わせるために使用される石油系界面活性剤

これらが肌へと重大な悪影響を及ぼすことはなく、多くの人が肌荒れを起こせばその化粧品は販売中止になっています。

しかし、妊娠中の肌はデリケートで些細な刺激を受けやすいので、できる限り余計な添加物を含まない無添加の妊娠線クリームを使って予防すべきです。

ベルタマザークリームは無添加なので安心ですし、ナチュラル成分を内側から徹底ケアするためにオーガニック原料も加えられています。

安全な方法で産後にできやすい妊娠線を予防できるので、乾燥肌や敏感肌の妊婦さんはベルタマザークリームを使ってみてください。

自然の力で肌が本来持っている力をサポートしてくれる

オーガニックの妊娠線クリームを使うことで、自然の力で肌が本来持っている力を引き出すサポートをしてくれます。

  • 自然派
  • ナチュラル
  • 健康志向
  • 身体に良い

こういったイメージがあるように、化学肥料や農薬を使わずに育てられた植物や農作物で化粧品が作られているのです。

原料の栽培方法から成分の配合比率には細かい基準があり、「オーガニックコスメ=絶対に化学物質を使っていない」というわけではありません。

中には人体への影響が少ない成分を使っているクリームやオイルもありますが、他の化粧品とは違って低刺激なのは紛れもない事実です。

敏感肌で悩む女性にはピッタリのアイテムですし、痒みや炎症などを最小限に抑えられるでしょう。

上記でご紹介したベルタマザークリームはヒアルロン酸などの保湿成分に加えて、5種類のオーガニック原料が入っています。

  • 肌の弾力やハリを出すカニナバラ
  • オーガニック植物のカンザシ
  • 敏感肌の美白成分のノコギリソウ
  • 血流促進や皮膚柔軟作用が得られるタチジャコウソウ
  • 優れた収れん作用を発揮するローズマリー

肌の奥までグングン浸透するように作られているのでベルタマザークリームはおすすめです。

妊娠中に肌がデリケートな状態になる理由は?

以下では妊娠中の女性の肌がデリケートになる理由をいくつか挙げてみました。

  • 妊娠で黄体ホルモン(プロゲステロン)が増え、バリア機能を強化する卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少する
  • つわりなどのトラブルで満足のいく食事がとれず、肌の回復に必要な栄養素を摂取できない
  • お腹の赤ちゃんに栄養分と水分が集められ、水分不足で乾燥しやすい肌質へと変化する

普段は大丈夫でも妊娠中は肌質が大きく変わりやすく、無添加やオーガニックにこだわった妊娠線クリームを使うべきです。

また、妊娠線クリームは産後1ヵ月程度まで使った方が良いと考えられており、授乳中も肌の回復が追い付かなかったり育児によるストレスが溜まったりしてデリケートな肌になります。

余計なトラブルを起こさないためにも、自分にピッタリの妊娠線クリームを探しましょう。

-コラム

Copyright© 妊娠線ケアクリーム.コム , 2017 AllRights Reserved.