化粧品の香りが気になる女性でも大丈夫!無香料の妊娠線クリームとは?

更新日:

化粧品の中に含まれている香料とは?

匂いや香りは私たちの生活と密接に関わっており、食べ物の香りで食欲を刺激されたり木々の匂いで季節の変わり目を実感したりします。

少しでも良い香りにするために、香料を含んでいる化粧品や食品は少なくありません。

動物や植物、香気を有する化合物から得られた香りを与える物質のことを香料と呼び、以下の2種類に大きく分けられます。

  • 花や草から香りを圧搾、抽出する天然香料
  • 人工的に香りを作り出す合成香料

2つを上手く組み合わせて化粧品の使用感をアップさせたり、食品を食べやすくしたりしているのです。

化粧品の香りが気になる女性には無香料の妊娠線クリームがおすすめ!

人によっては良い香りでも、「自分はちょっと・・・」と不快な気分になることはあります。

そこで、化粧品の香りがどうしても気になってしまう女性には、無香料の妊娠線クリームの使用がおすすめです。

その名の通り、無香料の妊娠線クリームには天然香料や合成香料が含まれていません。

他の化粧品とは違い、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 人工的な香りが付いていないので女性によっては使いやすいと感じる
  • アレルギーや発ガン性のリスクが少ない
  • 汗や香水と混ざり合って変な匂いにならずに済む
  • 乾燥肌や敏感肌で悩んでいる女性でも安心して使用できる

使いやすさと安全性の2つが大きなメリットで、「無添加」「オーガニック」だけではなく無香料に焦点を当ててスキンケア用品を選んでいる女性はいます。

妊娠線クリームは特に毎日欠かさずに使用しなければならないため、使用感で比較するのは大事です。

無香料の妊娠線クリームをお探しの女性には、満足度や人気度で1位を獲得しているベルタマザークリームをおすすめします。

余計な添加物は一切含まれておらず、肌に必要な美容成分やオーガニック原料のみで構成されているので、肌質が弱い妊婦さんはベルタマザークリームで妊娠線を予防してみてください。

無香料の妊娠線クリームを妊娠中に使った方が良い理由は?

香料と言っても危険性が高い物質ではなく、どのメーカーも安全性を考慮して化粧品の中に入れています。

そのため、洗顔料や化粧水、美容液や乳液を使うに当たってそこまで神経質になる必要はありません。

しかし、妊娠中は無香料の妊娠線クリームを使った方が良く、つわりによる影響で些細な匂いに敏感になりやすいからです。

  • 空腹になって吐き気が出たり、自分のよだれが気持ち悪くなったりと症状は個人によって様々
  • 妊娠で分泌量が増えるプロゲステロンやhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が関係している
  • 症状のピークは妊娠してから8週目~12週目頃で、16週目の安定期には終わる

つわりにはこのような特徴があり、気持ち悪くて食べ物を口にできない妊婦さんも少なくありません。

そんな状態で香りの強すぎる妊娠線クリームを使ってマッサージを行っていると、余計に吐き気の症状が強くなります。

つわりの症状が長引くと、妊娠線クリームを使って予防ケアをし始める時期と被ってしまうでしょう。

そのため、嗅覚への刺激の少ない無香料の妊娠線クリームを使ったり、ラベンダーやネロリなどリラックス効果を持つ好きな香りのエッセンシャルオイルが加えられた製品を選んでください。

-コラム

Copyright© 妊娠線ケアクリーム.コム , 2017 AllRights Reserved.