妊娠線クリームの販売店は?薬局やドラッグストアで市販されている?

更新日:

妊娠線クリームの販売店は実店舗やネット通販などさまざま!

妊娠線を予防するケアを始めようと思った時に、どこに売っているのか疑問を抱えている女性は少なくありません。

現在では妊娠線をケアする妊婦さんが増えており、販売店は実店舗やネット通販などさまざまです。

  • お近くの薬局やドラッグストア
  • ベビーやマタニティーグッズ店
  • オンラインショップ(インターネット通販)

この3つの販売店が代表的で、他のベビーグッズやマタニティーグッズも同時に探しているのであればベビー用品を取り扱うショップへと足を運んでみましょう。

妊娠線クリームだけではなく、妊婦さんに役立つグッズも数多く取り揃えられています。

  • クロスオープンやソフトカップ付キャミソールなどのマタニティブラ
  • お腹の冷えを防いで温めてくれるマタニティショーツ
  • ゆったりと着ることができて快眠を得られるマタニティパジャマ
  • 会陰切開を避けるためのマッサージ用オイル
  • 毎日の寝苦しさから解放してくれる妊婦抱き枕

これらのグッズやアイテムは非常に役立ちますし、衣類に関しては複数枚に渡って購入しても損はありません。

しかし、「実店舗へと足を運ぶのが面倒」「商品を探すのが面倒臭い」「自分の好みの妊娠線クリームが置いてあるか分からない」といった場合はインターネット通販のオンラインショップがおすすめです。

妊娠線クリームはマツキヨなどの薬局で購入できるの?

オンラインショップで販売されている妊娠線クリームは、「○○が含まれている」「○○が入っている」と明確に定義されているわけではありません。

見た目上は一般的な保湿クリームと同じなので、マツキヨなどの薬局やドラッグストアでも代用品は購入できます。

全身に使用できるタイプの製品であれば特に問題はありませんので、どんなクリームやジェルが代表的なのかいくつか見ていきましょう。

  • ハトムギエキスを含む「ナチュリエスキンコンディショニングジェル」
  • オイルフリーでニキビにも効く「うるりスキントリートメントジェル」
  • 100%天然由来の美肌成分を含む「サナ ナチュラルリソースモイストクリーム」
  • 高保湿なのに軽やかな「ニベア プレミアムボディミルク」

マツモトキヨシの中でもおすすめ化粧品のひとつで、料金が安いのでお金をかけずに妊娠線の予防ケアを始めることができます。

妊娠線クリームを選ぶにあたり、お腹が大きくなる前から産後まで数ヶ月間に渡って使わなければなりませんので、コストパフォーマンスの良さも比較ポイントとなっています。

値段が高すぎて妊娠線の予防ケアが続けられなければ意味がありませんので、安いクリームやオイルをお近くの薬局やドラッグストアで探してみても良いでしょう。

薬局で市販されているクリームは妊娠線の予防に適さない!

「薬局で市販されている保湿クリームでは妊娠線の予防はできない」と一概に言い切ることはできません。

お腹やヒップなどの肌へと潤いを与えて保湿を行い、皮膚の弾力性や伸縮性をアップさせれば真皮が断裂するのを防げます。

しかし、市販品で妊娠線を予防するのはおすすめできないのですが、それは専用のクリームやオイルとは大きく異なるからです。

妊娠線ケアのために作られたクリームにどんな特徴があるのかまとめてみました。

  • メーカーは肌の保湿だけではなく妊娠線を予防することを最重要課題として開発に取り組んでいる
  • 乾燥を徹底して防がなければならないので市販されているボディクリームよりも高保湿成分が多い
  • ホルモンバランスの乱れで肌質が変化しやすい妊娠中の女性のために、「無添加」「無香料」「オーガニック」という商品が多い
  • 肌への効果に加えて、使用感や肌触り、匂いや香りなどにも細心の注意を払っている

「妊娠中の女性が使用することを目的に作られた」という点が最も大きいのです。

一般的なボディクリームは幅広い年齢や性別の人を対象としており、匂いを良くするために香料を加えたり店頭販売するために保存料を加えたりしています。

妊娠中は些細な刺激で肌がダメージを受けやすいので、妊娠線クリーム専用のベルタマザークリームがおすすめです。

  • 配合する成分に徹底したこだわりがある
  • 肌トラブルをケアする成分が多い
  • 無添加なので安全性が高い

こういった特徴がありますので、スキンケア用品の選び方で迷っている妊婦さんはベルタマザークリームを使ってみてください。

-コラム

Copyright© 妊娠線ケアクリーム.コム , 2017 AllRights Reserved.